.私の本もある?


by birdbook1
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

DESIGNING

b0050721_14543060.jpg


久しぶりの更新(一年ぶり・・・)ですね。

今回は「+DESIGNING」という雑誌です。

毎月一冊ずつ出る 美術関係(デザイン)の本ですが、
なんと一冊2000円!!

私は数冊ほしいのがあるのですが、手がでません・・・orz

しかし、使われている紙の質や、中のデザインがとても美しいです。

余裕のある方はぜひ!

+++

「+DESIGNING」
2008年1月号(vol.8)

毎日コミュニケーションズ
2007年11月27日発売
A4変型版
176+4ページ
1,890円(税込)
[PR]
# by birdbook1 | 2007-12-31 14:52 | 専門書

この一年

ここは、書庫としておいているので、

あまり更新が進みませんでしたが、

これからも、よろしくお願いします。

更新したときは、toriたま通信でお伝えします。

では。
[PR]
# by birdbook1 | 2006-12-31 23:36

天野喜孝空想画集

b0050721_2144165.jpg

動物画ではないけど、この人も大好きです。(モンスター画?)
もう廃盤になっているので、どうしても天野さんの本が欲しくて、netで購入。
b0050721_218544.jpg

shinoさんに言わせると「ガッチャマンの人」というんだけど、
キャラクターデザインや本の挿絵、舞台美術、衣装あらゆるものを手がける
すごい人です。
つなみに私は「ファイナルファンタジーシリーズ」や「グイン・サーガ」などが好きです。
[PR]
# by birdbook1 | 2006-11-23 21:17 | 専門書

超最新恐竜ワールド

b0050721_23353046.jpg

別の本を買いに本屋に行ったのですが、出口の近くでこの本に捕まってしまいました。
お財布の中身と相談しながら・・・・親に500円来月のお小遣いの前借をしました。
なぜなら・・・・恐竜よりも、この本の中に書かれているペンの恐竜の絵が素敵だったのと
国立科学博物館の「真鍋真」さんが協力されて文を寄せられていたからです。
恐竜好きにはたまりません!今買わないと絶対に後悔する~!
b0050721_23354498.jpg

現在書いているドラゴンの書き方の参考にもなります・・・・・。
b0050721_23414146.jpg


NHK2006恐竜の夏徹底ガイド 超最新恐竜ガイド  
日本放送出版協会   1000円
[PR]
# by birdbook1 | 2006-09-11 23:39 | 専門書

大昆虫記ー熱帯雨林編

b0050721_14405257.jpg

熱帯雨林の虫たちなので、普段見かけた虫を調べるのには、あまり適さないかも
しれませんが、虫の絵を描いたり、眺めてみたりするのにはとても楽しい本です。
世界最大の昆虫写真集という帯付きで、写真3000点、2500種の昆虫が載っています。

作者の海野和男さんは「どうぶつ奇想天外」などにも出ているおなじみの方です。
昆虫顔面博覧会などという面白い本も出しています。

大昆虫記  海野和男  (株)データハウス   4700円+税
[PR]
# by birdbook1 | 2006-08-26 15:00 | 図鑑

素敵な宇宙船地球号

b0050721_2113341.jpg

夏休みの読書感想文の本は教科書の中から選ぶように・・・と言われて
それならぜったいに私はこれしかないでしょう~!!と決めたのはこの本!!!
これは1997年からずっと、今もTVで放送されている有名な「あの番組」の本です。

しかし!!なんと、図書館にもなく、本が手に入らないので
なんとかあちらこちら探し回って、手に入れました。
一冊の本の中が、「生態復活作戦」や「青い惑星の生命」 「アイデアが自然を守る」
と言う3つの項目に分かれていて、さらにTVで放送されたような細かい話が
たくさん書いてあります・・・。

自然や環境の話など、私にとってはとても面白い本!
あれ?でも・・・・これで感想文は・・・難しいなあ・・。

  テレビ朝日出版部  定価952円+税
[PR]
# by birdbook1 | 2006-08-19 21:05 | 面白い本
b0050721_23351213.jpg

数日前、時計屋さんの前で時計を見ながら、「私結構時計が好きなんだ」という話を
聞いたばかりでした。
なので、「あ・・あの子ったら~時計のブランドメーカー(?)の本なんて借りてきて・・・」

ところが表紙を開くと・・・「ダーウイン???」
b0050721_23371157.jpg


これは<盲目の時計職人>という意味の題名だそうです・・・。

野原に石があってその石はいつからそこにあるのですかと聞かれても
それはずっと前からそこにあった・・というけれど、もし時計があったら、それは
ずっと前からそこにあった・・とは言わない・・というような本で・・???
良く理解できませんが、ダーウィンのようなものが好きな人には、面白いそうです。

リチヤード・ドーキンス  早川書房  1900円
[PR]
# by birdbook1 | 2006-06-21 23:43 | 専門書

キノの旅

b0002940_22445786.jpg


あまり、こういうタイプの文庫(ノベル)は読まないのですが、偶然友達から
貸してもらって、はまってしまいました。

キノの旅とは…
今までにない新感覚ノベルとして、電撃文庫で大ヒットしている作品で、
人間キノが、言葉を話すバイク・モトラド (エルメス) とともに、旅をする話です。
一巻に5話ぐらいの短編ストーリーが書かれていて、あっという間に
読んでしまいました。

個人的には、一話一話に強いメッセージがあると思います。
それぞれの国で出会う人々、彼らが出会う人々はとても美しくて、とても悲しい・・。
本の初めの一ページにある、一言メッセージが心に響く事があります。

ぜひ読んでみてくださいね。普通の文庫とは少し違うはずです。

キノの旅   時雨沢恵一
400円~600円(その巻によって変動します)
[PR]
# by birdbook1 | 2006-06-07 23:02 | 物語
b0050721_122567.jpg

神戸の大型書店「ジュンク堂書店」に行きました。
愛媛には、ここまで大きな書店がないので、感動&興奮しました!

そこで見つけたのがこの本。
前から読みたいと思っていましたが、高価だし、愛媛では売ってないし、
内容を見てから買いたい・・・という理由から、読めなかったのです。
しかし、この書店で見つけて思い切って、買いました。
値段は・・・・・7400円!630ページ。
内容は、
鳥は何から進化したのか・・・
羽毛の起源は、飛翔の始まりは、鳥はいかにして多様になったのか。
という話です。
もともと、「鳥の生命の不思議(アドルフ・ポルトマン)」を読んで、
もっと知りたい!と思ったのがきっかけで、この本を見つけました。
やや専門的な内容ですが、読んでいて、とても楽しい本だと思います。
ちょっと高価ですが、図書館などで見つけたらぜひ読んでみてください。

shinoさんは、こんな本持ってかえるの~!!と驚いていましたが
しっかりリュックでかついで帰りました。
神戸に来た記念・・と言うのが思い出になって良いんだよな~☆
[PR]
# by birdbook1 | 2006-04-08 12:11 | 専門書
b0050721_15451060.jpg

今、流行っている大人の塗り絵のシリーズに、「世界の鳥」があります。
原画はなんと!あのジョン・グルドー他。
お手本を見ているだけでもアートだし、下絵は鳥の絵を描く練習にもなるし、
鳥好きにはたまりません!
(ちなみに右は私がアクリル絵の具で塗り絵途中です・・・。)
b0050721_15471057.jpg
b0050721_15473528.jpg




 
  河出書房新社  950円
[PR]
# by birdbook1 | 2006-02-12 15:50 | その他